ダミー
  • 北海道情報doなびへのご意見
  • 北海道情報doなびのサイトマップ
  • 北海道情報doなびへ広告掲載をお考えの方へ
  • 北海道情報doなびへ相互リンクご希望の方

北海道情報doなび|北海道の観光やグルメ情報を発信

グルメ情報トップへ  観光情報トップへ
北海道情報サイトdoなびモバイルサイト

原産地ブルゴーニュ地方、ブリオネ
生産者Jean Claude Bertillot(ジャン クロード ベティユ)
品種ガメイ種
価格2,000円
ワイナリーバックナンバーはこちら >>
Vin de pays de Saone et Loire Gamay '05(ヴァン ド ペイ ド ソーヌ エ ロワール ガメイ)
2009年4月23日


送り出すワインは高品質なのに、様々な理由で世間に知れ渡っていない
ワイン生産者達を紹介しているのが、クラックです。

■クラック設立
ソムリエのワイナリー ブルゴーニュ地方、ピュソニー・モンラッシェ村に本拠を置いている
世界最高峰の白ワイン生産者である名門ドメーヌ・ルフレーヴ。
そのルフレーヴが2007年9月に設立したクラックは、
現当主のアンヌ・クロードの夫であるクリスチャン・ジャックを社長として、
それぞれの頭文字をとって「クリスチャン・ルフレーヴ・アンヌ・クロード」から
CLAC=クラックと名付けられました。

クラックも目的は、ドメーヌの規模や知名度は違っても、
独自のテロワールを尊重して、栽培や醸造に共通の認識を持って、
素晴らしいワインを造りながらも、
まだ世間に広く知られていない造り手達を紹介するプロジェクトです。


■クラックとは
フランス国内に数多く存在しているワイン生産者の中で、
ルフレーヴのように有名な造り手は、ほんの一握りしかいません。

産地自体の知名度が高くないため、日の目を見ていなかったり、
ドメーヌが小さく家族経営であったり、設立から間もないドメーヌなどは、
ブドウ栽培や畑仕事に全神経を集中させており、
マーケティングまで手が回らない生産者が多いのです。

その中には、ビオディナミやビオロジックなどで栽培を行い、
高品質なワインを造っている生産者が数多く存在しているのも事実です。

現在、注目を集めている自然派といわれるワイン達ですが、
フランスで有機栽培が行われている畑は2%ほどしかなく、
自然派のワインは、一部のワイン好きにしか知られていない現実があります。

消費者にもっと自然な造りのワインに関心を持ってもらい、
ワイン購入時の選択肢としてほしい、環境問題の大切さを
広く知ってもらいたいなどの思いが、クラックには込められています。


■ブリオネ
ソムリエのワイナリー クラックとして紹介されるワインは、
ブルゴーニュやロワール、南西部地区や南仏など
フランス全土から選ばれています。

今回のジャン・クロード・ペティヨ氏は、
ブルゴーニュの造り手です。

ブルゴーニュといえば、
世界的にも「超」が付くほどの有名な産地ですが、
彼の畑はその中でまったく無名の産地ブリオネにあります。

ブリオネは、ブルゴーニュ南部のマユネ市の西側50kmに位置する産地で、
ここのワインはAocではなくVdp(地酒)となります。

ペティヨ氏は、1990年からこの土地で
ワイン造りを行っている生産者です。

1世紀前には、ブリオネにも4,000haはあった
というブドウ畑が今では30haと激減。
そして、今ではブリオネで唯一のワイン生産農家が
ペティヨ氏となってしまいました。

彼の畑では、樹齢50〜70年の古樹が植えられて、
土壌の個性を最大限に表現できるように大切に育てられています。

■クラックのラベル
クラックとして販売されるワインのラベルや
キャップのデザインは統一されています。

うっすらとラベルに写っているのは、マダム・ルフレーヴの顔。
それ以外には、産地名・品種・造り手・ヴィンテージが表記されています。

裏には、「同じ哲学を共有するヴィニュロンの集まり」という
クラックの理念と一緒に、まだ知名度の低い造り手の説明書きがあります。

抜栓直後は、酵母からのビオ香がかなり強くあって、
時間の経過で消えますが、1〜2日後のほうが美味しいかもしれません。

クラックのワイン全てに言える事は、ナチュラルでピュア。
ブドウの個性よりもテロワールを鮮明に表現するために、
畑の個性を重視しており、味わいと個性的なワインでした。

ライター:小形和也(おがた かずや)
札幌のレストラン・ワインバーなどでソムリエとして、ワインの魅力をアドバイス。
ソムリエの好み ソムリエのお勧め度 ソムリエのお勧め度 ソムリエのお勧め度 ソムリエのお勧め度 ソムリエのお勧め度
ソムリエ小形氏の、今回のワインの「お気に入り度」を星で表していただきました!




<< その他のワインを見る