ダミー
  • 北海道情報doなびへのご意見
  • 北海道情報doなびのサイトマップ
  • 北海道情報doなびへ広告掲載をお考えの方へ
  • 北海道情報doなびへ相互リンクご希望の方

北海道情報doなび|北海道の観光やグルメ情報を発信

グルメ情報トップへ  観光情報トップへ
北海道情報サイトdoなびモバイルサイト


観光 > ジャンル:テーマパーク

【ヒット数:20件 1件〜15件まで表示】

 1 | 2  次の15件
動物と触れ合えたり、抱っこができたり、エサをあげることができる動物園です。 お子さまに大人気のカピバラやウサギ、カワウソなどと間近に接することができます。 有料で、各プレミアム体験(ライオンに直接エサやり・ミーアキャットの釣堀・ライオン釣り・鷹匠体験・フクロウ・タカ腕乗せ体験などなど)に挑戦できるほか、6月4日からは、ノースサファリアドベンチャーがオープン!水陸両用車・セグウェイなど楽しいアクティビティが体験(有料)出来るので、家族で楽しい思い出をいっぱいつくれそうですね。 お腹がすいたら、ファーストフードやノースサファリならではのゲテモノにチャレンジするのもいい思い出になります!
世界でも珍しい純植物性の天然温泉、モール温泉と国際公認パークゴルフ場をメイン施設とする道の駅。
深い森の中の露天風呂や、ジャグジー、高温サウナ、ラジウム岩盤浴などでのんびりと旅の疲れを癒したり、パークゴルフやレンタサイクルでリフレッシュしたり、楽しみ方は色々。
施設内のレストランでは、美しい風景を眺めながら、四季折々の旬の味覚と地場産の食材を味わうことができます。
こちらのモール温泉は、平成16年、「次世代に引き継ぎたい有形・無形の財産」である北海道遺産として選定されました。
貝の形をイメージした「貝の館」に隣接している道の駅で、 ドライブコースとして人気の追分ソーランライン(国道229号)の風景の中、ひときわ目を引きます。
メイン施設の「シェルプラザ」では、新鮮な海の幸、山の幸、素材の味が活きた加工品、世界の珍しい貝、貝のアクセサリーなどを販売、「貝の館」では、1500種、5000点もの貝を展示しています。
日本海側のドライブの際には、是非立ち寄りたい場所です。
こちらのメイン施設「千歳サケのふるさと館」では、四季折々に遷り変る千歳川の様子や、様々な淡水魚の生態を観察する事が出来ます。
インディアン水車と呼ばれる捕魚車の様子はライブ映像で楽しむ事が出来、その水車によるサケの捕獲風景は、千歳の秋の風物詩となっています。
時期によっては、孵化を始めたサケの卵や、生まれたばかりのサケの稚魚を見る事が出来、家族でも楽しめる場所です。
毎年サケが遡上する千歳川に隣接するこちらでは、「カネイ中村」の元祖鮭コロッケや「レストランさもん」のピンポンコロッケなど、鮭を使用した商品が人気で、他にもサケ加工品やサケのふるさと館グッズ等を購入する事も出来ます。
北海道グリーンランドは、直径85メートルの大観覧車やロトシェイク、3回転コースターなど50機種以上大型遊具を備えた、道内でも指折りの大レジャーランド。
花火大会や、サーカス、など毎年企画される大規模なイベントも人気で、大人から子供もまで楽しめる遊園地です 
芦別市内を一望する小高い丘の上にある見晴らしの良い公園。
桜の名所として知られ、毎年4月下旬〜5月中旬の開花時期には、山全体が美しくピンク色に染まり、多くの花見客が訪れます。
園内には、空知管内唯一の本格的なサル山が有り、約60頭のニホンザルが飼育されているのも人気の秘密ですが、ニホンザルの他にも、ポニー、シカ、マントヒヒ、孔雀、ウサギなど子供に人気の動物達が飼育され、家族や仲間同士で休日をゆっくりと楽しむ事が出来ます。
国道274号、通称『樹海ロード』の、のどかな田園風景が広がる中に建つサイロのようなレンガ造りの道の駅。
札幌から1時間程度の長沼町にあり、ずらりと立ち並ぶ農産物直売所で新鮮な農産物等を購入する為に周辺地域の人々で賑わうのが特徴です。
施設内は開放的な明るい雰囲気で、リアルタイムで峠の気象情報を映し出す4面マルチビジョン、特産品・イベント・観光情報を引き出すことの出来るコンピュータタッチパネル、地元産のラム肉などを使用した洋食メニューが味わえるレストランなどもあるので、ドライブや観光の途中で立ち寄るにも便利。
オホーツク海沖合い1kmに位置する展望塔で、オホーツクに生息する生物を知ることのできる研究施設。
「流氷砕氷船ガリンコ号」が航海の後に立ち寄る事から、特に流氷の季節には、多くの観光客が訪れます。
地上3階と地底階から成り、3階は流氷が埋め尽くすオホーツク海を一望することの出来る展望室と流氷カフェ、1階は展示室、地底階は海中から流氷を眺める事の出来る水中観察室があります。
海の妖精と呼ばれるクリオネが通年通して展示されているのも人気の秘密です。
ガリンコ号が直接タワーに立ち寄る為、徒歩でタワーを訪れる人は少なく意外と知られていませんが、ガリヤゾーンとオホーツクタワーを結ぶ紋別港第3防波堤「通称クリオネプロムナード」を歩くと、途中、かわいいあざらしが迎えてくれるあざらしプールと潮の満ち引きであざらしの鳴き声を再現したトッカリの笛があり、夜はライトアップされ美しい眺めも楽しめます。
札幌市の副都心“新さっぽろ”にある水族館ラッコ、ペンギンをはじめ淡水魚、海水魚などが季節を問わずいつでも楽しめます。
登別温泉街からロープウェイで約7分、標高550mの四方嶺山頂に、クマ牧場をはじめ、ユーカラの里、ヒグマ博物館、展望台等が設置されており、クマのショー、アヒルの競走などアトラクションの催しも行っております。
北欧の風に包まれた水族館。個性豊かな魚達、イルカ、アシカ、ペンギンなど海に生きる生物達との出会い。ファンタスティックな海の世界へ・・・。
乗馬、アウトドア、スポーツ、宿泊も。乗馬は馬に初めて触れる初心者の方から、経験者の方まで、各技量に応じたプログラムをご用意致しました。 楽しみながらステップアップをお手伝いします。
北海道のみならず道外からも訪れる人が後を立たない今話題の動物園。
園内には動物達がのびのびと動き回れるよう、さまざまな工夫がこらされていて、動物達の生き生きとした様子を観察することができます。
子供だけでなく大人にも大人気の動物園で、観光シーズンには長蛇の列が出来るほどです。
人気のアザラシ館やシロクマ館、オランウータン、チンパンジーの森は必見。
【主な動物館】あざらし館、ぺんぎん館、ほっきょくぐま館、もうじゅう館、小動物舎、サル山、は虫類舎、シカ舎、オランウータン舎、ラクダ舎、サル舎、チンパンジー舎、くもざる・かぴばら館、総合動物舎、こども牧場など。
「宇宙」「北方圏」「原理・応用」をテーマに、触れて、体験し、考えることのできる展示物約300点を配置。星空を演出するプラネタリウム、疑似体験シアター「バーチャリウム」もあり、科学を楽しみながら学べます。
円山原始林のふもと、円山公園にある北海道を代表する動物園のひとつ。昭和25年の会館以来、北海道の中核的な動物園として人気を集めています。近年、旭川の旭山動物園に入場者数で大きく追い越されしまったものの、2005より園内パスポートの発行のなどの魅力的なサービスも開始。動物のほかにも遊具施設などもあり、人気のレジャースポットになっています。
 1 | 2  次の15件