ダミー
  • 北海道情報doなびへのご意見
  • 北海道情報doなびのサイトマップ
  • 北海道情報doなびへ広告掲載をお考えの方へ
  • 北海道情報doなびへ相互リンクご希望の方

北海道情報doなび|北海道の観光やグルメ情報を発信

グルメ情報トップへ  観光情報トップへ
北海道情報サイトdoなびモバイルサイト


観光 > ジャンル:観光地

【ヒット数:348件 1件〜15件まで表示】

 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  次の15件
洞爺湖畔ドライブの際に、立ち寄りたい道の駅。
周辺には他にも、有珠山、昭和新山など北海道らしい自然がそのまま残る観光スポットもたくさんあります。
こちらの道の駅は、国道37号に面し交通の便が良く、眼下に虻田漁港と内浦湾が眺望できる立地で休憩には最適です。
併設されている、休憩コーナーからは、内浦湾のパノラマを一望する事も出来、地元の特産品も多数販売されています。
搾りたての新鮮な牛乳で作られた「レイクヒルファームのアイスクリーム」、夏には炭火焼販売もしている「ぐる巻きウィンナー」、ボリュームたっぷりの新鮮な「うに丼」など、ご当地グルメも楽しめます。
名水百選に選ばれた「羊蹄のふきだし湧水」で知られている道の駅。
隣接する公園は、その名水を自由に汲んで持ち帰る事が出来る為、多くの人が訪れます。
京極町と倶知安町を結ぶ道道京極倶知安線に位置し、名水プラザ、三角ステージ、トイレ棟、販売施設、遊具施設、芝生広場などが併設され、京極温泉、パークゴルフ場、キャンプ場等などが隣接されている事より幅広い年齢層の方がくつろげる場所です。
道の駅内では、京極の名水を使ったお酒や珈琲、コーヒーゼリーなどを購入したり、名水を使ったラーメンや蕎麦などを味わうことも出来るので、ドライブの途中で立ち寄るのもいいですね。
水量豊富な十勝川で、充実したアクティビティが楽しめます。
人気ツアーの「ラフティング&ファンカヤック」は、前半は激流区間でラフティング、後半は静かな屈足湖でファンカヤックと1度のツアーで2つ楽しめるのが大きな魅力!
他にも期間限定の季節のツアーなど多数あり、楽しみ方は色々。
サポートは、北海道公認の有資格ガイドがしっかりと行い、装備や設備も充実しているので安心です。
参加者全員に「屈足温泉入浴券」が付いているので、解散後はゆっくりと入浴して十勝の休日を丸ごと楽しみましょう!
国道278号沿いにある、森町と合併した旧砂原町にある道の駅。
こちらの道の駅は、訪れる人々に砂原の地場産業の紹介や、海・山の幸など豊富な食材を利用した調理法などをレクチャーしてくれるのが特徴。
併設される物産館では、砂原特産のブルーベリーを使用したワイン、ジャム、ソフトクリームや、地元の素材を生かした水産加工品を購入出来、展望ホールからは、360度の大パノラマも楽しめます。
時期によっては、民謡・盆踊りなどが行われる地域に密着したお祭りの開催、他にも、地元特産物の販売やおもてなしを楽しめる青空市・屋台村なども開催されています。
動物と触れ合えたり、抱っこができたり、エサをあげることができる動物園です。 お子さまに大人気のカピバラやウサギ、カワウソなどと間近に接することができます。 有料で、各プレミアム体験(ライオンに直接エサやり・ミーアキャットの釣堀・ライオン釣り・鷹匠体験・フクロウ・タカ腕乗せ体験などなど)に挑戦できるほか、6月4日からは、ノースサファリアドベンチャーがオープン!水陸両用車・セグウェイなど楽しいアクティビティが体験(有料)出来るので、家族で楽しい思い出をいっぱいつくれそうですね。 お腹がすいたら、ファーストフードやノースサファリならではのゲテモノにチャレンジするのもいい思い出になります!
『水と緑の道の駅』

国道40号沿いにある道の駅「びふか」は、中世ヨーロッパのお城の様な建物。 裏手には天塩川が流れるびふか森林公園、他にも、温泉、キャンプ場、コテージなど、 様々なアウトドアフィールドが広がっています。

それ以外にも、この地域の名産「くりじゃが」を使った揚げたてコロッケや、 白樺の樹液をつめたドリンク「森の雫」などの名産品、チョウザメ料理も賞味できるなど、 楽しみが多いのもこの道の駅の特長です。
『海・山・湖に囲まれた洞爺湖町の雄大な自然を体感』

「洞爺湖の玄関口」とも言われる、道の駅「とうや湖」では、 海・山・湖に囲まれた洞爺湖町の雄大な自然を体感することができます。

展望台からの景色を楽しむほか、田園風景にそびえる羊蹄山を眺めながら、地場産の野菜をふんだんに使った料理を味わうことが出来るのも魅力です。

お土産には、物産直売コーナーで販売されている、新鮮な農作物や加工品が最適! 生産者名が明記されているので、安心して購入できます。
『潮の香りと歴史を感じさせる町、寿都町』

道の駅「みなとま〜れ寿都」は、国道229線より海側、寿都漁港に隣接しており、漁港を一望できる優位性を生かした 「海と一体感」ある配置になっています。そのため館内の漁港側にあるカウンターでは漁船の行き交う様子、 カモメの鳴き声、更には遠くの積丹半島までも見ることができるくつろぎスペースになっています。

売店コーナーでは、80年以上の歴史を誇る、寿都町の名産品「生炊きしらす佃煮」各種、新鮮なホッケを 加工した糠ほっけや切込み、冬限定のホッケの飯寿しなどの水産加工品が豊富に販売されているので、 漁港ならではの味覚を味わって、くつろいでみてはいかがですか。
真狩と言えば、「細川たかし像」や、羊蹄山を望むオーベルジュ「レストラン・マッカリーナ」、そして特産品の「ユリの花」や生産量日本一の「ユリ根」などで有名な土地。 そして、花をテーマとした施設としてオープンした真狩フラワーセンターが、道の駅としてリニューアルオープンしたのがこちらです。 広大な敷地内に配置される花壇を鑑賞したり、芝生広場でくつろいだり、羊蹄山の壮大な眺めを楽しんだりと、多くの人が訪れる癒しの空間です。
初山別村にある道の駅ですが、こちらで最も有名なのは敷地内にある天文台ではないでしょうか? 星に自分の名前を付けることができるマイスターズ・システムや、8月第1週土・日曜日に行われる星まつりなど、多くの人が訪れる道の駅です。 公園内にはしょさんべつ温泉「岬の湯」、天気の良い日には利尻富士や天売・焼尻が一望出来るというオートキャンプ場、レストラン、ゴーカート場などの施設が集合していて、家族で楽しめる場所として人気の場所です。
『田園風景にたたずむ、名寄の南玄関口』

道の駅「もち米の里☆なよろ」は、国道40号線に位置し、名寄市の南の玄関口として豊かな田園風景にたたずむ道の駅です。

建物内の随所にユニバーサルデザインを取り入れ、段差もなくしているため、身障者やご年配の方にもやさしい施設となっていたり、 コンサートやイベントの開催など、人々の交流拠点となっております。

また、名寄といえば「もち米」の名産地。お食事「風の寄り道」では名寄名産の「もち」と「そば」を使った料理を中心に、 旬の野菜・地場産品など、四季おりおりの名寄の味覚が楽しめ、特産品販売コーナーではクリーム大福・ソフト大福もち、 いちご羊羹、そば、など名寄の名産・特産品が大人気です。
『やさしい香りに包まれて、グランドピアノの演奏を…』

「まるせっぷ」は、国道333号沿いにある三角屋根の道の駅。 中ではグランドピアノの自動演奏が響き、地元の木材(アカエゾマツ)を使用して作られた、 オリジナリティあふれるウッドクラフトが販売されています。

木を多用して作られた建物内部は、天井まで吹き抜けになっており、 ピアノやチェロ、ヴァイオリンなどのコンサートも開かれるほど音響効果にすぐれています。 喫茶コーナーでは、木の香りに包まれ癒しのひと時をお楽しみください。
『旅の疲れを癒すのに最適!』

サロマ湖の近くに位置するこの道の駅では、天然温泉の日帰り入浴が可能です。 傍には、文化センターや鉄道資料館もあり、旅の疲れを癒す一休みに最適。

文化センターにある漫画美術館・図書館では、著名な漫画家の作品や道具などが展示されているほか、 世界中から公募した「オホーツク国際漫画大賞」の入選作品も展示されています。

レストランや売店では、近海でとれる新鮮な食材を使った料理や、 チューリップを原料にした菓子類など、ここでしか味わえないメニューが楽しめます。
百年記念塔の展望室に「しあわせの鐘」が設置され、訪れる人の幸せを祈る道の駅。 展望室まで121段の螺旋階段を登って、鳴らす事の出来るというその鐘は、それぞれに誓いを込める事が出来ます。 1回鳴らすと恋愛成就、2回なら金運、3回なら長寿、4回なら強運、5回で大願成就。 そして、その誓いの記念としてそれぞれの、「しあわせの鐘ストラップ」も購入する事が出来ます。 他にも、秩父別町の特産物を販売している「特産物展示館」や、リラクゼーション施設「秩父別温泉ちっぷゆう&ゆ」などが併設されています。
国道38号沿いの道の駅「南ふらの」は、かなやま湖や空知川で盛んなカヌーの軸先をイメージしたユニークな形の建物が特長です。

まず目に入るのは、エントランスロビー正面に設置された大型水槽。 幻の魚「イトウ」をはじめ、アメマス、ニジマス、ウグイなどの淡水魚が悠々と泳いでいます。

道の駅「南ふらの」の人気は、エゾカツカレー。1階のレストランでは、他にもイトウやニジマスのおにぎりなど、地場産品を使った各種メニューが揃っています。

特産品販売コーナーも、ドライフラワー、陶芸品、バタじゃが、 くまささ茶などの特産品が豊富にあり楽しめます。
 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  次の15件