ダミー
  • 北海道情報doなびへのご意見
  • 北海道情報doなびのサイトマップ
  • 北海道情報doなびへ広告掲載をお考えの方へ
  • 北海道情報doなびへ相互リンクご希望の方

北海道情報doなび|北海道の観光やグルメ情報を発信

グルメ情報トップへ  観光情報トップへ
北海道情報サイトdoなびモバイルサイト


観光 > 地域:旭川及び近郊 > ジャンル:観光地

【ヒット数:75件 1件〜15件まで表示】

 1 | 2 | 3 | 4 | 5  次の15件
『水と緑の道の駅』

国道40号沿いにある道の駅「びふか」は、中世ヨーロッパのお城の様な建物。 裏手には天塩川が流れるびふか森林公園、他にも、温泉、キャンプ場、コテージなど、 様々なアウトドアフィールドが広がっています。

それ以外にも、この地域の名産「くりじゃが」を使った揚げたてコロッケや、 白樺の樹液をつめたドリンク「森の雫」などの名産品、チョウザメ料理も賞味できるなど、 楽しみが多いのもこの道の駅の特長です。
『田園風景にたたずむ、名寄の南玄関口』

道の駅「もち米の里☆なよろ」は、国道40号線に位置し、名寄市の南の玄関口として豊かな田園風景にたたずむ道の駅です。

建物内の随所にユニバーサルデザインを取り入れ、段差もなくしているため、身障者やご年配の方にもやさしい施設となっていたり、 コンサートやイベントの開催など、人々の交流拠点となっております。

また、名寄といえば「もち米」の名産地。お食事「風の寄り道」では名寄名産の「もち」と「そば」を使った料理を中心に、 旬の野菜・地場産品など、四季おりおりの名寄の味覚が楽しめ、特産品販売コーナーではクリーム大福・ソフト大福もち、 いちご羊羹、そば、など名寄の名産・特産品が大人気です。
「1,500平方メートルの大展示場を備える多目的な道の駅」

旭川から富良野〜日高地方へ向かう一般国道237号に接する 道の駅「あさひかわ」は、自動車ショーなど、さまざまなイベントが催される大展示場 を備える、多目的な道の駅です。

特産品販売コーナーやレストランも充実しているほか、 付近には、三浦綾子作品『氷点』の舞台となった「見本林」や「三浦綾子記念文学館」等の 有名施設もあります。
大雪山の高峰旭岳は、標高2290m北海道の最高峰。山麓駅〜姿見駅を結ぶロープウェイは所要時間わずか約10分で、夏はお花畑、秋は紅葉のスポットとして訪れる観光客に人気のスポット。
姿見駅から全長1.7kmの遊歩道には、神秘的な鏡沼や高山植物などがみられ、散策を楽しむことができます。
ロープウェイを利用する場合、比較的軽装で山頂に向ったりする人を見かけますが、遭難事故が多い山なので、登山目的の人は充分な装備が必要です。 大雪山国立公園に指定されている旭岳には、手つかずの大自然が残っています。
ロープウエイの周辺には散策路、温泉街周辺には自然探勝路があり、赤い花をつけるコマクサや白い綿毛を風に揺らすワタスゲなどが観察できます。また、天然記念物のクマゲラやナキウサギのほか、エゾリス、エゾモモンガなどの珍しい動物にも出会うことができます。 )
『でんすけすいかの名前の由来を確かめに行こう!』

ガラス張りのとんがり屋根が目印の「とうま」。 国道39号線沿いに、雄大な大雪連峰を背景に建つ道の駅です。 施設内には、無料休憩コーナーが設けられているほか、当麻町の特産品も販売されています。 当麻町物産館「でんすけさんの家」では、施設名の由来でもある、でんすけすいかをはじめ、 メロンやトウモロコシなど、四季折々の当麻町の特産品を販売、地方発送も行われています。 学術的にも貴重であるとして、昭和36年に北海道の天然記念物指定を受けた、 当麻鐘乳洞も合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。
手塩と石狩を結ぶ峠。明治42年、列車事故で乗客を救う為殉職した長野政雄を主人公に執筆された三浦綾子の「塩狩峠」の舞台であり、和寒の観光スポットのひとつとなっています。
標高はそれほど高くないのですが、和寒側からは登りが連続しているのでSL機関車の当時では難所で、現在、峠付近は無人の宗谷本線塩狩駅となっていますが、駅周辺には長野政雄殉職の地の記念碑や旭川の三浦綾子の旧家を移築した「塩狩峠記念館」も公開されており、三浦文学ファンが訪れるスポットになっています。
三角山は、中央区と西区の間にあり、きれいな三角形の形をした山なのでこう呼ばれています。札幌では藻岩山についで札幌市民に親しまれている山のひとつで、登山というより散歩に近い感覚で森林浴を楽しめる場所です。
標高がわずか311.3メートルにもかかわらず、春〜秋まではさまざまな草花を見ることができ、山頂から一望できる札幌の町並みはミニチュアのように美しく、札幌の移り行く四季の風景を楽しむことができます。
登山道づたいに大倉山のジャンプ競技場の展望室に行くことができ、リフトで登るのとは違った満足感があります。
藻岩山とならび札幌市民に親しまれている標高1023mの手稲山。
一般的に知られているのはスキー場や遊園地などで賑わう表の顔ですが、ひとたび奥へ入ると、思わぬ自然がたくさん残ています。
登山道は、平和の滝ルート、乙女の滝ルート、北尾根ルートなどがあり、滝や岩場、季節の花々、原始の森の雰囲気などを堪能することができます。
天気のいい日には、山頂から恵庭岳や羊蹄山などの山々も見渡すことができ、札幌市内で登山を楽しむには最適な山。
大雪山連峰の麓に広がる層雲峡温泉や黒岳登山、断崖絶壁の壮大な景色で有名な層雲峡は、四季折々の表情を見せてくれる北海道でも人気の観光地です。
ダイナミックな柱状節理、銀河の滝、流星の滝、大函、小函、双瀑台など、荒々しさの中に繊細さが垣間見られる光景を眺める為、訪れる人は後を絶ちません。
夏は、黒岳登山でエゾルリソウ、エゾノツガザクラなどの高山植物を楽しんだり、断崖絶壁から流れ落ちる美しい滝に感動をしたり、秋は、三国峠や紅葉谷、黒岳ロープウェイからの色とりどりの紅葉を楽しんだりと季節によって様々な楽しみ方があるのも特徴でしょう。
花ものがたり、氷爆まつりなど季節イベントで訪れるのも、温泉や雄大な景色を眺めに訪れるのも魅力的な観光地です。
”眠らない街”として全国的に有名な歓楽街ススキノ。
札幌の夜の歓楽が全て集まったエリアには違いないのですが、ススキノの特徴は、治安の良さ。
ショッピング街の大通から徒歩10分ほどという近さゆえ、女性が一人で歩いているのも珍しい光景ではなく、会社帰りのビジネスマンや、学生たちの飲み会、結婚式の二次会など、幅広い人たちが集まる開放的な雰囲気があります。
しかし、一部には観光客相手に不当な料金を請求するといった店もあるので注意が必要。
地元の人やインターネットなどである程度の情報を調べてから、安心なお店を選びましょう。
農業・農林地帯を背景としたグリーン・ツーリズムの展開拠点として、様々な情報発信をしている道の駅です。
札幌と旭川を結ぶ国道12号のほぼ中間に位置することより、ドライブの休憩を取るのにも最適!
休憩スペースの他、滝川の特産「合鴨」を気軽に味わえるレストラン、地元農家が生産したもぎたての野菜やくだものを購入出来る農産物直売所、ジンギスカン・りんごジュース・ジャム・ラーメンなどの特産品販売コーナーもあり、いつも多くの人で賑わっています。
遠軽町ノルディックファームのソフトクリームが味わえるのも人気の秘密です。
極寒の豪雪地帯として知られる北海道北部の朱鞠内に、昭和18年に治水と発電を目的として造られた日本最大の人造湖です。 周囲には広大な北海道大学の雨竜演習林が広がり、森と湖では生命のドラマが繰り広げられます。タカの仲間のミサゴや、絶滅が危惧されている淡水魚のイトウなどが生息していることでも知られ、湿原という厳しい環境にありながら、エゾマツの群生もみられます。また、冬のワカサギ釣りなど、釣り場としても有名です。
ちなみにシュ・マリ・ナイとは、アイヌ語で(石の多い川)を意味しているそうです。
札幌方面から国道12号線をまっすぐきて、旭川への入口付近に広がる渓谷地帯は「カムイコタン」と呼ばれ、旭川の景勝地のひとつとして有名な場所です。
石狩川の急流にそって奇石怪石が約10kmほど続く、厳しい岩肌が美しい渓谷地はかつて交通の難所でもありました。
しかし、桜や紅葉の時期は特に美しく、また周囲には竪穴式住居跡やストーンサークルなどの遺跡もあり、歴史を感じられるスポットでもあります。
アイヌの伝承や伝統が数多く残っているこの地では、アイヌの毎年9月の秋分の日に神に祈りと感謝をささげるアイヌの伝統的な装束に身をつつみ「こたんまつり」が開かれています。
北海道の中央部に位置する大雪山は、標高2,290mの旭岳、北鎮岳、凌雲岳、桂月岳、黒岳などが連なる山々の総称を指し、大雪山連峰とも呼ばれています。
北海道の屋根と言われるように、山々が連なる景色は雄大で、眺望スポットも点在していますが、素晴らしい遠景を眺めることの出来る穴場的な場所として「大雪アンガス牧場」があげられるのではないでしょうか。
北海道らしい壮大さはもちろん、見る角度によって違った表情が見られるのも、大雪山連峰の魅力の1つです。
札幌・帯広方面に続く国道274号と、旭川・苫小牧方面に続く国道237号の分岐点にある道の駅。
日勝峠の出入り口となっている事から、ドライブやツーリングの際の休憩場所として最適です。

駐車場は広く、ベンチスペースでは、日勝峠のリアルタイム映像が放映されている等、道の駅本来の情報発信・休憩所としての役割はもちろんですが、敷地内には品揃え豊富なコンビニエンスストアや郵便局もあり、峠越えの前には必ず立ち寄りたい道の駅です。
他に農産物直売所、そば処やレストランがあり、日高名物のやまべを味わう事が出来る為、峠を超えた後で食事を取るドライバーも多く見られ、いつも大変賑わっているのが特徴です。
ご家族連れには、日高山脈の自然を学ぶ博物館「日高山脈館」も人気です。
 1 | 2 | 3 | 4 | 5  次の15件